幼稚園より早く通わせたい幼児教室

幼稚園は3歳から小学校就学前まで通うことができ、心身の発達を助ける教育をする教育機関です。遊びなどを通して、小学校以降に役立つ生活の基盤などを作っていくことになります。どちらかといえば、子供に体験させるということをメインにしており、お散歩やかけっこ、野外活動、絵本の読み聞かせなど様々なことをやらせます。一方の幼児教室は、専門的な分野を指導してくれるところもある一方、子供の情操教育など幼稚園ではできないことを体感することができます。幼稚園で学べないこと、もしくは幼稚園で学ぶことを早い段階から幼児教室では学ぶことが可能です。そうしたことからも、幼稚園より早く幼児教室に通わせることで、成長を早め、余裕を持って幼稚園に通わせることができるようになります。

幼児教室にあって、幼稚園にないもの

幼稚園では社会的な秩序を学ぶことを目的にしており、どちらかといえば協調性や子供らしさが重視されます。幼児教室は学習の場であり、教える側がプログラムを組んで教えていくこともあり、遊びの要素が若干薄らぐのが特徴です。幼児教室にあって、幼稚園にないものとしては、この学習に対する姿勢が挙げられます。幼稚園では子供にどんどん問題を解かせるといったことをあまりさせず、集団で何かを完成させる、みんなで頑張るといったことが見られます。幼児教室は個人がどれだけ学習できるか、人より多くできるかが問われます。個がメインなのか、集団がメインなのか、幼児教室と幼稚園の大きな違いはそこにあります。幼稚園より先に幼児教室に通わせることで他の子供より差をつけることができるようになります。

お互いに足りないものを補完しあう関係に

幼稚園にもいいところはたくさんあり、子供らしさが大事にするということは幼児教育だけでなく、今後の小学校受験などにも大きな影響を与えます。子供らしさに欠けてしまうと周囲との関係をうまく築くことができず、コミュニケーションに難のある子供を作り出してしまいます。幼児教室で勉強漬けにしすぎても、これでは長い人生で苦戦を強いられます。一方、幼児教室は勉強に特化したところであり、学習の習慣を身につけることができます。学ぶ習慣がないと、何をやるにも根気の続かない人になりがちです。幼児教室と幼稚園、それぞれのメリット、デメリットをお互いに活かし、補完しあう関係であることが一番理想的であり、先に幼児教室に通わせて学習習慣を身につけさせてから幼稚園に通った方が何かと便利と言えます。

詰め込み式では得られない、独自の教育方法で15万人以上の卒業生を送り出してきました。 多くの合格実績があるからこそ分かる、面接対策をアドバイスします。 小学校は知識のある子どもではなく、知識を活かせる子どもを求めています。 想像力、体験力、自助力を養う教育で子どもたちを合格へ導きます。 最近の公教育への不満から、小学校受験への関心が非常に高まっています。 幼児教室|伸芽会